横浜法務事務所 サイトマップ  
 
ホーム業務内容事務所情報よくある質問メール相談報酬について
一般法務(個人の方)
企業法務
各種許可申請
国際法務

メール相談受付中!初回無料!!

節税のススメ/予備校講師の方へ朗報!

横浜法務事務所
TEL 045-530-2363
FAX 045-313-9503
kurokawa@yoko-h.net


業務内容/Service
古物商許可
 古物商とは
古物の売買等(古物営業)には、盗品等の混入のおそれがあるため、古物営業法により都道府県公安委員会の許可を得なければ営むことができません。
古物営業の許可申請をして、許可を受けた者を「古物商」といいます。
 古物とは
一度使用された物品や、新品でも使用のために取引された物品、及びこれらのものに幾分の手入れをした物品を「古物」といいます。古物は、古物営業法施行規則により、次の13品目に分類されています。
(1)美術品類
(2)衣類
(3)時計・宝飾
(4)自動車
(5)自動二輪車及び原動機付自転車
(6)自転車類
(7)写真機類
(8)事務機器類
(9)機械工具類
(10)道具類
(11)皮革・ゴム製品類
(12)書籍
(13)金券類
 許可申請先
営業所を管轄する公安委員会
(複数の都道府県に営業所がある場合には、都道府県ごとに許可が必要となります。)
 許可を受けられない場合
次に該当する方は、許可を受けられません。
 1. 禁治産者のほか準禁治産者や破産者で復権を得ない者
 2. 刑罰に処せられ、又は許可を取り消された後5年を経過しない者
 3. 住居の定まらない者
 4. 古物営業の許可を取り消されてから5年を経過しない者
 5. 営業に関して成年者と同一の能力を有しない未成年者
 費用
総額 内訳
諸費用 報酬
69,000円 19,000円 50,000円